www.fernandaramirezph.com

-

-

想像できずに思いがけず起こってしまうのが車の事故です。ここでどんな風に処理した結果で保険料の支払額もかなり大きく差が出る場合も想像されますので落ち着いた決断と対処が大切です。考えもしない場面に巻き込まれて平静さを失ってしまうのならば必要不可欠な対処を忘れてしまい後々自分がとても大きな損をしてしまう場合も想像できるので事故をしてしまった場合には適切に以下に記述した対処を行いましょう。乗用車の事故をしてしまった場面で一番にするべき事は怪我人がいるかどうかの確認です。自動車の事故のすぐ後は頭の中が真白になって何も出来ない状態になってしまう時がありすぐに対応できないのが通常です。その場合、負傷者がいた時に危険じゃないところへ運んで処置を施し、周りに助けを呼ぶなどして人命第一を心掛けましょう。救急車を呼ぶ状況では正しい事故現場を伝えて、不確かな場所では目立つ建物や番地名を連絡し事故が発生した地点が判断できるようにします。次に警察に電話して車の事故が起きた事と状況を説明します。救急車とパトカーを待つ内に怪我人の情報を聞きます。氏名、住所、ナンバープレート、事故の相手の自動車保険会社等互いのことをやり取りします。その時に事故相手に過失があった状態では、現場で処理する場面がよくありますがその場所で片付けるのではなくどういう場合だったにせよ110番や自動車保険会社に届け出て平等に判断してもらいます。各々の連絡先を言ったら車のさまたげになるのを避けるために邪魔な物を路上からどかします。もし邪魔な物が他の人の車の障害物となっている状態では、それぞれの情報の交換をする前にこれを終わらせてしまっても問題ありません。次に自分の加入している車の保険会社に連絡を入れ、自動車の事故が発生したことを報告します。自動車事故から特定の期間の時に自動車の保険会社に知らせておかないと、車の保険の適用外となる事態もありえますのでできるだけ遅れることなく電話を入れることが欠かせません。可能であれば現場の跡として、手持ちのカメラや携帯のカメラで現場や車の破損状態が分かる写真をを残しておきます。その写真は過失のパーセンテージ決める際にとても大きな証明とできますので、あなたの愛車や相手の乗用車の破損状態を正確に証拠に残しておきます。その場面で目撃者がいれば警官の方が保険会社が駆けつけるまで事故の現場に待ってもらうように求めることも大切です。

Copyright © 2000 www.fernandaramirezph.com All Rights Reserved.