www.fernandaramirezph.com

-

-

「スプレッド」とは外為取引は通貨を売り買いして儲けを生み出す商品です。取引の価格は、四六時中上がったり下がったりします。それがレートです。インターネットを見ているとドルやユーロの為替相場のニュースが流れる場合があります。よく見るのが「本のドル円は1ドル=80円50銭から52銭で取引されています」という風にです。それは80円50銭から80円52銭の間で取引されているという訳ではなくドルの買値が80円52銭、売値が80円50銭ということを示しています。つまり、トレードには買いと売りの両方の値があります。売値のことをビット、買値の事をアスクと表示する業者もあります。普段は売値のほうが買値よりも安く設定されるものです。現実に買値は高く、売値は低くなるのが普通です。この差をスプレッドといい、FX業者の利益とされています。スプレッドの幅は業者によって変わります。スプレッドの差は利用者にとって経費になるので小さい業者を選択するほうが有利です。ただ、同じFX業者でも状況によってスプレッドの狭さは変わります。仮にドル円のペアでわずか1銭のスプレッド幅だとしても為替相場の動きが大きい状態では3銭、4銭になったりするのです。という訳で、スプレッドが小さいのと、安定しているということが必要です。この頃では変わらないスプレッドの幅を表示する取引業者も多数あったりします。現実にFX業者の注文画面の上でリアルな市場を確かめなければ判別できないので手間がかかりますが、大事な事です。多くの投資資金を預けて注文をするのですから、実際のエントリーの前に気になるFX会社の口座開設をして示されているスプレッド幅を実感しましょう。同じ通貨のペアでも、その時間帯の外国為替市場の状況によって、通貨ペアのスプレッドの幅は変わります。たいがい、銀行間取引市場で取引高が多い米ドル/円やユーロ/円、ユーロ/ドルではスプレッドの広さが狭く、あとの通貨ではスプレッドが広くなる事がよくあります。

Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.fernandaramirezph.com All Rights Reserved.